解説

問題は即時取得(民法192条)についての話で、その例外について問われている記述問題です。即時取得自体は結構重要な条文になるかと思います。

この問題は条文知識でも解ける問題ですので、一見難易度は低い問題風ではありますが、そう簡単な話ではないと思いました。まあ、その辺は後ほど。まずは問題文から行きます。

平成25年度第46問

Aの指輪が、Bによって盗まれ、Bから、事情を知らない宝石店Cに売却された。Dは、宝石店Cからその指輪を50万円で購入してその引渡しを受けたが、Dもまたそのような事情について善意であり、かつ無過失であった。盗難の時から1年6か月後、Aは、盗まれた指輪がDのもとにあることを知り、同指輪をDから取り戻したいと思っている。

この場合、Aは、Dに対し指輪の返還を請求することができるか否かについて、必要な、または関係する要件に言及して、40字程度で記述しなさい。

問題の概要

例によって、問題文を根こそぎ拾って、問われていることだけ解答することを心がけてください。

まずは、何を問われているかを把握しなければなりません。この事例、図にすると以下のような感じです。問題解くときも、余白なんかにこのように図にした方が良いですよ。状況が理解し考えがまとまりやすくなると思います。以下が問題文を図式化したものです。

行政書士試験平成25年第46問目図解

登場人物は4人、矢印は指輪の占有の移転経路、それぞれどういう理由で移転したかも書いています。番号は順番ですね。事例は以上の通りで、最終的に「Aは、Dに対し指輪の返還を請求することができるか否かについて、必要な、または関係する要件に言及」することを問われています。

解答の道すじ

即時取得についての確認

まずは、問題文を読んで即時取得の盗品等回復請求の話だということがすぐにわかればOK。そして、何を解答するかについては、即時取得物の返還請求ができる場合についてがわかれば良しということになります。条文で言えば、193条、194条。

193条、194条は即時取得であることが前提の規定なので、この指輪、Dが即時取得によって取得されたものであるかを確認しておきたいですね。即時取得は192条。

192条即時取得
取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の占有を始めた者は、善意であり、かつ、過失がないときは、即時にその動産について行使する権利を取得する。

問題文の中で、即時取得の要件を満たしているかは確認しておいてくださいね。

即時取得が否定される場合を答える

で、問われている部分は、即時取得の例外についてです。一見即時取得だけど、一定の要件下では即時取得にならないと言いますか、否定される場面があるのですね。それはどういう場合?という点が問われている問題です。

「Aは、Dに対し指輪の返還を請求することができるか否かについて、必要な、または関係する要件に言及」の部分ですが、この要件は、まず、193条、194条にあります。

193条 盗品又は遺失物の回復
 前条の場合において、占有物が盗品又は遺失物であるときは、被害者又は遺失者は、盗難又は遺失の時から二年間、占有者に対してその物の回復を請求することができる。

194条 占有者が、盗品又は遺失物を、競売若しくは公の市場において、又はその物と同種の物を販売する商人から、善意で買い受けたときは、被害者又は遺失者は、占有者が支払った代価を弁償しなければ、その物を回復することができない。

二つの条文より、AはDから回復請求ができることが分かります。つまり、即時取得が否定できる場合があるということですね。

それが、盗品又は遺失物であり、期間は盗難から2年間(193条)ですね。そしてもうひとつ。

DはC宝石店より大枚50万円はたいてこの指輪を購入しています。盗品であることには善意でした。この場合、Aは、代価、つまり194条により、50万円をDに弁償しなければ取り戻せません。

40字程度でまとめてみた

この3つを40字程度で良い感じでまとめればOK。

Aは、盗難から2年以内に指輪購入の代価50万円をDに対して弁償すれば、返還請求できる。(43字)」

解いてみて思うこと

193条は割と知られている条文ですので、比較的すんなり出てくるのかなと思いますが、194条はちょっと盲点に近いですよね。落としがちなところです。

問題文からも見落としorスルーしがちだし、条文自体、もともと知らない人もいることでしょう。もともと知らないのならもう仕方ないねってことですが、チェック済みで見落としたのはなかなもったいないものがあります。

即時取得について、192条が原則、193条が例外、194条はその例外のバリエーションということで3つ組でまとめて用意しておきましょう。

このように、原則があって例外というのは、例外は問題として出しやすい傾向はありますよね。こういう原則と例外の規定、他にもたくさんあります。真っ先に思い浮かぶのは93条~96条の意思表示の規定のところ。

まずは原則を押さえ、どういう場合に例外になるのか、そのへんはしっかり準備しておくと良いと思います。

当サイト人気の行政書士通信講座

TAC 行政書士講座

TAC行政書士講座合格祝賀会

法律資格専門のTAC。法律資格予備校として抜群の知名度・実績を誇り、行政書士もその例に洩れません。大手予備校ならではの豊富なニーズに応える講座の種類ときめ細かなカリキュラム、人気講師を揃えた行政書士講座。

TAC行政書士 詳細

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座が通勤講座の行政書士です。スマホで講座が受講できることを前提にしていますので、通勤時間にも受講できるということです。

通勤講座行政書士 詳細