行政書士試験短期合格術

行政書士試験。

今でも人気の試験ですね。
でも、決して簡単に合格できる試験ではありません。
それは、合格率を見れば一目瞭然です。

ここ数年は、合格率10%前後です。
年によってばらつきはありますが、概ねそんなところです。

10人受けて1人しか受からない難関なんですよね。
決して簡単なものとは言えないでしょう。

ただ、やりようによってこの合格率は大幅に高められることができるんです。
一人の受験生が合格率を大幅に高められるというのはおかしな話ですが、
ポイントしっかり押さえて勉強すれば、
あなたの合格率が大幅に上昇するという意味です。

一般知識と民法がキモ

行政書士においては、
一般知識と民法の出来如何で合否が左右されます。

一般知識は範囲が見えない?

一般知識は基準点に達していないと、全体で合格点を取れても試験には合格できません。
300点満点のうち一般知識は56点(法令は244点満点)の配点ですが、
4割以上の正解が合格の必須条件です。
つまり、一般知識問題最低6問の正解が必要。

それなら、一般知識、ちゃんと勉強しておけばいいじゃん
と思われるでしょうが、これが結構厄介です。

一部を除いて、試験範囲らしきものがありません。
つまり、準備がしづらいのです。

実際、全体の合格基準点である180点以上取っているのにもかかわらず、
一般知識での基準点が満たないせいで不合格だったという例は結構聞きます。

もともと難しい民法の近年難易度上昇

民法は、法令科目では行政法と並んで最重要科目です。
たった2問の記述式問題が、民法の配点の5割を超えます。

勉強中

ただ、これも行政書士受験生である皆さんならお分かりでしょうが、
民法は、やはり科目として難しい科目です。

分量が膨大であるだけでなく、複雑。
戦えるまでの知識が定着するまでは
コツコツと地味に繰り返し復習する必要があるので、
時間が掛かります。

それに輪をかけるのが、近年の民法の難易度上昇です。
2006年度からの記述式問題が登場したあたりから、
択一式を含めて民法は難易度が上がったと皆が口を揃えています。

そんなこともあって、民法に苦手意識を持っている受験生も多いと聞きます。

この民法と一般知識の2点の問題点を克服したときが、
短期合格の目がでてくるのかもしれません。

なぜ彼らは90日で合格点がとれたのか?
行政書士試験短期合格のポイントは行政法と民法の攻略にあり!

こうなると、行政書士の攻略方法が見えてきます。

  • 一般知識で、4割は確実に取れる力を身に着けること
  • 民法を得意科目にすること(記述式問題を苦にしないこと)

この2点。
この2点を攻略すれば、合格は大いに近づくわけですね。

極端な言い方をすれば、
一般知識、民法、行政法、
この3つで合格できるわけです。


この3科目の中でも特にキモである、
一般知識、民法の攻略は、
短期合格の大きな命題になります。

良い教材がある

行政書士試験短期合格術」という教材があります。
何年も前から販売されていて、この教材の恩恵によって多くの合格者を輩出してきました。

この教材は、一般知識と、法令科目で最重要な民法の攻略を
重点において書かれています(もちろん、それだけじゃありませんが)。

以下のようなステップで構成されています。

  • 民法以外の法令科目は、マニュアル教材と動画セミナーに基づいて勉強する
  • マニュアル添付のテキストを使い、民法の記述問題を得意にする
  • マニュアル添付のテキストを使い、一般知識問題の足切りラインを逃れる

以上は前述のように行政書士試験の短期合格のポイントですので、
それに沿って作成されています。

合格祈願!

この教材を使うと・・・

もちろん、あなたの努力は当然ながら必要ですが、
その努力に報い得る教材といえるでしょう。

この「行政書士試験短期合格術」をマスターすれば、
これらのことを得られることになります。

  • 行政書士試験に3ヶ月の勉強で合格も可能になります
  • 何をどれぐらい勉強すれば合格できるのかが明確になります
  • 試験合格までのスケジュールが明確になります
  • 一般知識等科目の効果的な勉強法が分かります
  • 一般知識であしきりにあわない方法が分かります
  • 毎日の勉強時間が少なくて済むようになります
  • 平日睡眠時間を削る必要が無くなります
  • 勉強を初めてすぐに集中力をアップさせることが可能になります

「行政書士試験短期合格術」で合格した方々の声もHPには記載されていますが、
非常に興味深いものですね。

合格者がどのように勉強したのか、試験をどう感じていたのか、など、
参考になるものではないかと思います。

本番は、11月の第2日曜日。
興味がある方、是非、HPで詳細をご確認ください。

行政書士試験短期合格術 公式HPへ