「よし!行政書士試験合格を勝ち取るぞ!」こう決意したとしましょう。
そうなると、真っ先に考えることはこんなところでしょうか。

「勉強はどうやってしようか・・・?」

スクールを利用するか独学で勉強するか、です。
誰だって、スクールを利用して教わった方が良いとは思っているはず。

ただ、費用が掛かるということも当然お分かりです。

「さて・・・どうしようか・・・?」

独学でべんきょうしようか?スクールで勉強しようか?

こういうことになるでしょうね。

色々なご意見はあろうかと思いますが、私はスクールを利用した方が良いとは思います。特に初学者なら。その理由をこれからお話します。

あ、「初学者」というのは、法律の勉強というものを、過去に一度もしたことがない人です。高校あたりでちょろっとしたことがあるという程度ではなく、最低限でも大学あたりで選択していたぐらいなら初学者ではないと言えると思います。

行政書士試験は、初学者が独学で合格できる試験なのか?

独学とは、誰にも教わらないで自分で勉強していくスタイルですよね?自分でテキストとか揃えてということです。

私の意見ですが、初学者が一から未知のテキスト読んで法律が理解できるのか?と思うのです。
いや、理解はできるでしょう、いずれは。でも、試験と闘えるまでの実力が身に付くまでどのくらいの期間が必要なの?と思うのです。

もちろん、最初から最後まで独学で行政書士を勝ち取った人もおられるでしょう、私は知りませんが。でも、その方は合格までどのくらいの期間を費やしたのかは興味はあることです。

ポイントは、

行政書士試験というものが、
初学者が独学で合格を勝ち取ることができる試験なのか?
勝ち取れるとして、どのくらいの期間が必要な試験なのか?

という点だと思うのです。

私は、難しい、というか、合格できてもそれなりの期間を費やすのかなと思います。

スクール利用は時間をお金で買うと考えよ

その点、スクールは早ければ半年で合格可能です。私、初学者が春先(3月でした)に行政書士の講座を取って、その年の本試験に合格していったのを目の当たりにしました。見事に初学者が一発合格です。社会人の方でした。

確かに、スクールは費用が掛かります。
その費用は、「合格までの時間を買う」と考えてはいかがでしょうか。独学で合格までの期間、スクールを利用しての合格までの期間の差、この時間短縮の差を買ったと考えるのです。

時間は貴重ですよね?社会人ともなればなおさらです。社会人の方なら、日々痛感されてるのではないでしょうか?

その時間、半年か1年か2年かは個人差ありますが、それが数万円程度で買えるのなら、納得はいかないでしょうか?
行政書士の通信講座であれば、10万円以下で受講できる時代です。しかも、分割も可能。

もちろん、価値観はそれぞれです。

そうは言ってもいろいろ悩むところではあると思うので、
こちらのページで、補足と私の経験を書いておきました。
参考になれば。

時間は大切にしないと・・・

行政書士の最速合格を可能にするおすすめ通信講座を比較 >>