スクールに決めたはいいが、まだ決めなきゃならないことがあります。
それは、通学か?通信講座か?です。

通学とはもちろん、
講義の度に教室へ通ってそこで講師の講義を受けること。
ライブ講義とビデオ講義があるようですが、一応、同じ通学として扱います。

通学で講義を受ける受験生

もう一つは通信講座です。
講義手段は様々ですが、自宅でプレイヤーを通して再生し、
これは、自宅で自分の都合に合わせて好きなときに好きな
だけ受講する方法です。

通学、通信講座、それぞれ良い点悪い点がある

どちらがいいか?
これは、どちらが良いかは何とも言えません。
それぞれメリット・デメリットがあるからです。

もちろん、それしか無理という場合は選択の余地はないのでしょうが、
選択の余地がある方も含めて、メリット・デメリットを簡単に、
数点づつ挙げてみますので参考にしてください。

管理人は社会人ならば通信講座がおすすめとしていますが、
もちろん、決断するのはご本人です、ということを前提に、
私は判断材料になり得ることを述べます。

通信講座のリット・デメリット

こちらの最大のメリットは、
自分の好きな時間に好きなだけ受講できるということです。

仕事がある方は、帰宅後の勉強が中心になるでしょうが、
そういう方でも帰宅後に受講できます。
休日にまとめて受講できますし。

通勤・通学や外出してちょっと空いている時間、とか。

デメリットといえば、やはり、強制力がかなり弱くなりますよね。
自分の家だとリラックスしちゃって集中できないし、ついゲームしちゃうよ、
テレビ観ちゃうよ、なんて方もいらっしゃるでしょう。

テレビを観ちゃった受験生

「そんなこたぁ知らねーよ!」とも言えますが、
人間が弱い生き物だとは、自分のことを振り返ってもよーくわかります。
そこは何とか工夫して頑張ってくださいとしか私は言えません(汗)。

あと、これも通学のメリットの裏返しになりますが、
「仲間」は出来づらいですし、質問に関しても、
どうしてもレスポンスが悪くなります。

通信講座のスクール、その辺は何とか改善しようとしている
事実はありますが、まだ十分とは言えないかもしれませんね。

孤独を感じている受験生

通学のメリット・デメリット

通学のメリット、まずは、「強制力」ですね。

通学は、基本的に強制力が伴います。

通ってこそ講義が受けられるのですから。
講義もある程度の緊張感を持って受けられるので、
環境としては非常に良いと思います。

そして、質問があればすぐに直接することができます。
また、通学は「仲間」ができて仲間内の情報交換がしやすいです。

デメリットは、通いであるから、社会人などは厳しい、
もしくは、無理、ということになります。

主婦の方もお子さんが小さい方は無理でしょうかね・・・
ある程度大きくなれば、家を空けるのも可能かもしれませんが。

また、これはデメリットと言いますか、
東京近郊や地方も大都市以外は、物理的に教室がないと思います。
スクールの支店が地方ではないところの方が多いので、
教室もない、ということになります。

だったら、通信講座、ということになりますよね。

また、年齢等によっては、他の受講生との兼ね合いもあって、
雰囲気的に厳しいと感じる方もいらっしゃるかもしれません。
気にしないとい方には関係ないですけどね。

確かに、通学の受講生は、20代の方が多いと聞きます。
例えば、40代の方がちょっとやりづらいな
・・・と感じても、仕方はないかもしれませんね。

管理人の場合

私の場合は、スクールを利用していたときは
すでに社会人だったので、基本的には通信講座でした。

当時は、通信講座といえばDVDが映像の主流だったと記憶しています。

ただ、数回だけ、ライブ受講ができるコースだったので、
土曜日にある講義を選んで可能な限りライブ受講も経験してみました。
ライブ受講って、全国どこでも教室があれば受けられるというものではありません。

それは、東京だからできたことなんですよね。

やはり、良い意味で緊張感があって、できればこっちにしたいな
と思いましたね。無いものねだりでしたけど。

まあ、可能ならば通学の方が良いと思いますけど、
地方に在住の方は現実問題として、
通学より通信講座の方がいいかもしれません。

社会人、主婦の比率が比較的多い行政書士試験。通信講座の方も多い。

行政書士は司法試験なんかよりも学生さんの比率が低いと思います。
少なくとも、以前ははそうでした。

今も変わらないと思いますが、行政書士のスクールって、
社会人や中年以降の方や主婦の方の受験生が結構いらっしゃいます。

そういう点を考えれば、
通信講座を受講されている方は多いんですよね。

子供を遊ぶ主婦

もちろん、あなたがどうするかは、それぞれのメリット・デメリット踏まえて頂いて、
そして、ご自身のライフスタイルを照らし合わせたうえで決めると良いと思います。

通学か?通信講座か? まとめ

もしあなたが、

  • 社会人や主婦など、平日の暗くなるまでは通えない方
  • 地元(通えるところ)に教室がない、地方在住の方
  • 通学受験生との兼ね合いで気恥ずかしいと感じる方

に一つでも当てはまれば、
通信講座での受講をおすすめしたいですね。

行政書士の最速合格を可能にするおすすめ通信講座を比較 >>