もうこういう人はそうはいないと思いますが、
一応、お話しておきましょう。

暗記だけで済まそうなんて間違っても考えないでくださいね。

理由?
いくつかありますが、大前提として無理です、暗記だけでは。
無理というのは、覚えられないということ。だから「大前提」と言いました。

そもそも、人間の頭は物事を忘れるようにできています。
覚えたことは忘れてしまう
適切な例えかどうかは自信ありませんが、
あなたは、小説1冊丸まる暗記することができますか?

私はできません。

行政書士試験の範囲すべてを暗記するということは、
そういうことだと思うのです。

もちろん、暗記すべき点は多々あります。
それはそれで暗記するべきですが、
何から何まで暗記するというのは、
勉強するという本質ではないと思います。

「理解する」勉強を!

いうまでもありませんが、「理解する」という観点で勉強は進めていきましょう。
インプットは理解するという観点で進めなくてはなりません。

理解するとはどういうことか?
そうですね、例えば、こんなイメージです。

友人に「三権分立ってなーに?」と聞かれたら、
口頭でも図を使ってもいいですからわかりやすく
解説できるぐらいに理解するというイメージでしょうか。

人に説明するということは、ちゃんと理解していないとできません。
当然、暗記した部分をつらつら話しても友人の頭の中は「???」だらけでしょう。

しまいには「あ・・・もういいや。ありがとう」
ということになることでしょう。
仕方ないですよね。話しているあなたでさえ、
何のことを話しているかわかっていないのですから。
暗記したものを話しているだけではそうなりますよ。

「理解は暗記を助ける」

言うまでもありませんが、理解と暗記は異なります。
理解は、キーワードだけ押さえておけば、あとは自分の言葉で賄えます。

よく「理解は暗記を助ける」なんて言いますが、
理解という土台があれば、暗記するにも効率が良いものです。