模試で100点

本番って、人によって度合いは違うでしょうが、結構緊張するんですよね。
真剣なら普通はそうなります。

年に1回の試験ですから、
「失敗したらどうしよう。実力出せなかったらどうしよう・・・」
プレッシャーは掛かりますよ、そりゃあ。
ガチガチになっちゃう人だっています。

いい年した大人だってそうなります。

この人は緊張してないと思うけど。

模試は本番のリハーサル

本番の雰囲気は本番でしか味わえないかもしれませんが、
せめて近い形で経験しておくことも必要だと思うんですよね。

行政書士試験は、リハーサルを用意してくれませんから、
自分でリハーサルするといいと思います。

というわけで、模試を受けることをオススメします。
模試とは模擬試験の略。
各予備校、本試験直前と、その前に数回行われます。

大手でしたら、各地何らかの会場を使って行われるので、
可能ならば、いや、多少の無理はしてでも模試は会場で受けたいです。

でないと、もしの意味は半減してしまいます。
土日で開催されるので働いている方も大丈夫です。

最低でも1回は受けておきたい

各スクール、大体、その年の夏頃からぼちぼち始まります。
そして、直前の10月くらいまで、なんやかんやタイトルつけて数回行われるようです。

最低でも1回は模試を受験することをおすすめします。

できれば、始まりの頃の実力試しと、
直前の、10月頃のヤツの2回受けると良いかなと思います。

1回目の模試と2回目の模試の期間が、
1,2ヶ月空いていると良いと思いますよ。

1回目の模試の成績如何を問わず、
見直すべき部分はいくつか出てくると思うのです。
それを改善する期間がほしいですよね。1ヶ月2ヶ月くらいは。

成績悪ければ、悪かった部分をしっかり見直すべきだし、
良ければ良かったなりの「勝って兜の緒を締める」的なものもありますし。

とにかく、模試は、成績のこともそうですが、
本番の疑似体験というスタンスで臨むと良いと思いますよ。

おススメの模試はある?

各予備校、夏から本番直前まで模試は開催していますが、
どうしてもここのは受けた方が良い、というものはありません。

どこでも、受けられるものならばどこでも良いと思います。

ただ、ひとつ確実なのは、模擬試験ですからね、
会場で受けられるものにしないと、意味はそれほどないと思います。

答練は通信でもいいと思いますが、
模試は会場で受けたいですよね、是非。

おすすめの通信講座

おすすめ通信講座を比較

おすすめの行政書士通信講座を比較してみた

おすすめ通信講座の比較

行政書士の通信講座を開講しているところで厳選してチョイスし、誰もが気になる項目・・・

ユーキャン 行政書士講座

ユーキャン 行政書士講座

数多の合格者を輩出した人気講座

過去7年間受講者のうち、本試験合格者数は計2,441名を誇る通信講座大手の人気講座・・・

フォーサイト行政書士通信句座

フォーサイト 行政書士通信講座

評判の行政書士講座は群を抜く合格率

通信講座に特化したことで実現できる低価格と平均合格率を凌駕する圧倒的合格率が魅力・・・

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

すき間時間でどこでも受講できる

低価格かつ忙しい社会人のための「すき間」学習講座。通勤時間もスマホで合格が可能・・・

資格スクエア行政書士

資格スクエア行政書士

画期的システムと低価格の通信予備校

画期的な学習システムと低価格な料金にもかかわらず、カリスマ講師の講義が受けられる・・・