民法の勉強法のひとつとして、
図や表、チャートを多用してまとめておくと良いとお話しましたが、
なぜだかおわかりでしょうか。

なぜ図や表、チャートを多用してまとめておくべきなのか

別に民法に限った勉強法ではないのですが、特に民法に有効かなと思うのですが、
もちろん、理解の促進と情報の一元化です。

理解の促進

私は、問題文を解くときでも、
余白を使って問題文を図式化、チャート化すると良いと言っていますが、
理由はもちろん、文字だけの問題文をすばやく理解するための作業です。

読書好きの方ならお分かりだと思いますが、
読書って結構頭を使うんですよね。

文字を「画」としてイメージするのは、結構頭を使います。
時間も掛かる。

小説

その文字を図やチャートにすれば、イメージできる時間は大幅に短縮できます。
頭に入りやすいということですね。

私が小さい頃は、親に、
「テレビばかり観るな。バカになるぞ。本を読め、本を」と言われたものです。
これ、年取ってくると理解できるんですよね。
当時は「うるさいなー」とか思っていましたが、今は同意見です。

テレビは、映像です。音と映像。
頭はそれほど使いません。

文字だけの本。頭使います。

同じ「A」という事例を説明するのに、文字だけの本と
音と映像のテレビでは、テレビの方が伝えるのは楽です。

テレビを観る

図やチャート、表は、この中間といえるのではないでしょうか。

情報の一元化

次は情報の一元化です。

例えが伝わるかどうかですが、パラパラマンガ。
あれって、絵を1枚1枚見ても「なんだかな~」という感じですが、
パラパラめくって連続で見れば、「お見事!」と思ってしまいます。

何が言いたいかというと、
1枚1枚はバラバラの絵でも、連続でパラパラめくっていけば、
それはもう動画として完成品です。ひとつのコンテンツとして成り立つわけです。

つまり、いくつかの不十分な情報を集約させ、一つの大きな、完成した情報となる。
民法の勉強で、特に表を使ってまとめることは、まさにこれだと思うのです。

民法って、一つの制度を複数の条文にわたって書き上げている場合が多い。
贅沢な使い方ですね。
もちろん、一つの条文の中で項で分けていることもありますけど。

例えばです。
「制限行為能力者制度」というものがあります。
制限行為能力者制度とはについてはいちいち説明しませんけど、
「取引安全の保護」を重視する民法の中では、
例外ともいえる表意者保護の制度です。

これは、4条から21条までにわたって制限行為能力者制度の規定を並べています。
ひとつの条文では不十分、ということは決してありませんが、
行政書士試験用に準備するとなると、比較することが大事になります。

例えば、成年被後見人と被保佐人の違いとか、
被補助人と被保佐人の違いとか。

こういった比較する問題、普通に過去問でありますからね。
一つ一つ覚えていくのも良いですが、比較した方が覚えやすいと思うのですね。

それを、こんな風に表でまとめて情報を一元化します。

制限行為能力者制度のまとめ表

こうすれば、一目で確認できます。
共通のところ、共通でないところがありますので、
比較はしやすいし、覚えやすい。

さらに20条の制限行能力者の相手方の催告権についてですが、
この条文は4項まであって一つ一つ見ていっても、イマイチピンときません。
なら、表にして情報の一元化を図りましょということになります。

制限行能力者の相手方の催告権(20条)

もひとつ。
民法772条の1項2項(平成27年度記述式で出題されましたよね?)って、読んですぐ理解できました?
私は、すぐには意味が分からなくて、図にしてやっと意味が分かった次第です。

民法772条

どうでしょう?

条文を読んでみてもピンとこなかった方は、
こうやって表や図にすることでイメージしやすいくなっていませんか?

民法って、こういうのたくさんあるんですよね。
今ちょっと考えただけでも、561条以下の担保責任のあたりだったり、
428条以下の不可分債権債務・・・
あと、条文は飛びがちですが、履行遅滞の時期と消滅時効の起算点の違い比較も、
表のし甲斐はあります。

こういう比較できるようなところは、
行政書士試験的にも要注意です。

勉強の際に、
図や表、チャートを積極的に利用することは、
理解の促進と情報の一元化のためですが、ひいては、
効率の良い勉強法ということにもなるわけです。