さて、六法全書は法律系試験受験生には必須です。
法律の勉強をするなら、なにはなくとも「六法全書」です。
これ無くして法律云々ではありません。

当然、行政書士試験受験生も、
六法は揃えておかなければなりません。

アプリ六法でもいいが・・・

その六法ですが、どんな六法がいいのか、ということですが、
巷では「なんちゃら六法」がいいとか、
「○×六法」が必須とか色々な意見があるようです。

私は、「どんな六法でも良い」
という意見です、まともなものならば。

何だったら、スマホのアプリでも良いと思います、試験勉強に使うだけだったら。
ただ、私が古い考え方なのかもしれませんが、六法もろくに引けない法律家なんて・・・
とは思います。

六法を素早く引くのは、確実に「慣れ」ですから。
今の法律家は、皆さん、受験生時代からさんざん引いていますからね、
かなり素早いですよ。

私も、それなりに素早い方だと思います(笑)。
まだ、以前の名残が残っています。

書籍六法をお勧めするもう一つの理由

それと、積極的にアプリの六法を勧められない理由ですが、
書き込みができないという点。

六法の条文のところに、引いた回数などを記しておくと、
どれだけ試験にとって重要な条文かということがわかります。

結構、これやっている受験生いましたねー。

単なる調べたりチェックするだけだったらアプリ六法でも十分だと思いますが、
せっかくですから、使い倒したいじゃないですか。お金はかかりますけどね。

六法全書

使い分けると良いかもよ?

ただし、アプリ六法もその利便性・携帯性は無視できません。
今の受験生だって利用されている方も多いことでしょう。

使い分けされると良いかなーなんて思ったりしますが、いかがでしょう?

外出時、例えば、通勤・通学時やカフェなどで
六法を引くのは、いささか気が引けます。

その時は、サッとスマホを取り出してアプリ六法を起動させ条文検索・・・
なんて使い方は便利この上なし。チェック記載は家でやれば良し。

で、もちろん、自宅など、六法で条文検索に特に支障がない場所では、
書籍の六法を使用。」こんな使い方は良いかもしれませんよ?

(書籍)六法を買う際の注意点

注意点として、常に最新の物を揃えて頂きたいです。
1年に1回改訂されますからね、
改訂される度に買い換えて頂きたいです。

オススメの六法とは

そういう意味では、安いものでもいいと思います。
私は、ずっと「ポケット六法」を愛用していました。

2千円ぐらいで買えたはずですし、機能的にも何ら問題ありません。
少なくとも、受験生にとっては必要十分です。

中には「もっと良いのを使えよ」なんていう人もいましたが、
悪い六法の意味がわからず、無視していましたけど。

多分、判例の収録とかそういう意味だったと思うのですが、
個人的には、2千円程度で買えるポケット六法で十分だと思います。

というより、ポケット六法を積極的にお勧めしたいですね。

行政書士の最速合格を可能にするおすすめ通信講座を比較 >>