行政書士試験の勉強をする女性

行政書士になるには行政書士試験に合格することが必須です。その行政書士試験ですが、結構難易度の高い試験になっています。ですから、合格するためにはしっかり勉強して試験に備える必要があります。

その重要な行政書士の勉強法ですが、受験生も多い分、それぞれ学習環境は異なります。学生さんや主婦・社会人、勉強時間や勉強場所まで立場が影響してくるでしょうし、考え方や経済的理由でも勉強法は変わってくると思います。法律の勉強初心者かそうでないかという学力の観点から考えても勉強法は変わってくると思います…


このように、受験生の立場・環境は多種多様。その人にとって正解の勉強法というものを見出すのはなかなか難しいものがあるのです。

「相手」を知ってそこに合わせていく勉強法

行政書士試験の勉強する女性

でもひとつだけ、確実に言えることがあります。それは、「行政書士試験に合わせた勉強をしなければ合格は難しい」ということ。

それぞれ環境や状況は異なりますが、行政書士試験というものを知ってそれに合わせた勉強をしていくということは忘れてはならないのかなと思います。試験はあなたの都合の良いように合わせてくれません。あなたが試験に合わせていく必要があります。

もちろん、将来出題される問題は受験生には知ることはできません。しかし、行政書士試験の制度や特徴・傾向は知ることができます。それらを把握して試験の対策を取っていく。それで試験問題の詳細はわからないけど、「輪郭」は見えてくるのです。


このように、一定の実力を備えたうえで行政書士試験の輪郭が見えれば、きっとあなたは行政書士試験に合格できます。たとえあなたが法学初心者でも。

行政書士試験受験生の助けになれば…

受験生と共に

当サイトは、行政書士試験の制度や特徴・傾向を解説してそこに合わせた勉強法をご紹介していきたいと思います。

行政書士試験は出題範囲が膨大ですが、各科目の出題分量に差があり、それぞれ出題傾向があります。ですから、勉強効率を最適化した勉強法が確立できれば、100の知識を得ずとも70ぐらいの知識でも合格は可能なのです。

  • 行政書士試験はどういった試験でどういった特徴があるのか
  • 行政書士試験にはどんな問題が出題されてどんな出題傾向があるのか
  • 勉強はどんなことをすればいいのか
  • テキスト等の教材はどんなものを使えばいいのか

これから自分の力で合格を勝ち取っていくためには、「相手」を知り、そこに合わせた勉強法が必須です。ただ漠然と勉強を進めても効果は薄いです。


「できるだけ最短距離で行政書士に合格したい!」
そんな皆さんの助けになれば幸いです。




オンライン資格講座 スタディング