行政書士試験の受験票

法令科目と一般知識科目

行政書士試験は、行政書士という法律家登用試験です。問題も当然法律が出題されますが、法律問題だけではありません。全問60問ですが、その60問は法令科目一般知識科目に分けることができます。法令科目が46問、一般知識科目が14問です。

法令科目とは文字通り法律の科目です。法律の知識が問われます。一般知識科目とは、「行政書士に必要な知識」ってことになっていますが、中身は、法律の知識を問われたり、国語力を問われたり、ちょっとつかみどころがない科目とも言えます。

参照:「行政書士試験の科目を解説してみた

基準点について

この行政書士試験には、足切り点というものが存在します。足切り点とは、一定の条件下でその点数に達していないとその他の部分でどんな成績を残そうが合格できないという、試験に合格するためには獲得しなければならない点数です。行政書士試験ではこれを「基準点」と言います。

その基準点とは、法令科目が122点、一般知識科目が24点です。法令科目は満点で244点、一般知識は満点で56点(合計で300点満点)ですので、配点から計算しますと、法令科目は5割、一般知識科目は4割4分程度正解する必要があります。

行政書士試験合格に必要な点数は180点以上です。仮に法令科目で180点獲得して一般知識0点の場合、合格要件を満たしているようですが、一般知識の基準点には達していませんのでこの方は不合格ということになります。

参照:「行政書士試験の難易度についていろんな視点で語ってみる

シマちゃん

ご覧の通り、行政書士試験は、一般知識も決して手を抜けない試験です。法令科目で合格点を取っても、一般教養で基準点を上まらなければ、試験には合格できませんので。

出題形式

問題の出題形式ですが、3通りです。

一つ目は5肢択一式になります。5肢択一式とは、問題文があり、その答えを5つの肢から選択する方式ですね。これは、60問中44問出題されます。配点は1問4点。

次が多肢選択式。多肢選択式とは、文章があり、その文中にある4箇所の穴を20個程度の肢から選ぶという方式です。当然、選択に際し紛らわしい肢が複数あるので、ここから正解を導くという決断力が問われます。

1穴2点ですから、1問8点になります。1穴づつの配点ですので、4箇所すべて正解でなければダメということはありません。4箇所個別に配点されますので、1問で3か所正解なら6点、4か所正解で8点ということです。3問出題されます。

最後が記述式です。記述式とは、問題文の問いに、40字程度で解答していくというものです。配点は1問満点で20点、3問出題されますので、この記述式だけで60点の配点になります。

参照:「行政書士試験の出題形式を解説してみました

試験科目毎の配点

一般知識は14問すべて5肢選択式ですが、法令科目は科目によって出題形式が変わったりしますし、配点も科目毎に異なります。

シマちゃん

行政書士試験がどの科目に重点が置かれるかに注目してください

出題科目ごとの出題形式と配点をまとめた表です。

科目 出題数 配点
憲法 5肢選択式5問
多肢選択式1問
28点
民法 5肢選択式9問
記述式2問
76点
行政法 5肢選択式19問
多肢選択式2問
記述式1問
112点
商法・会社法 5肢選択式5問 20点
基礎法学 5肢選択式2問 8点
一般知識 5肢選択式14問 56点

どの科目が重要な科目か

いかがでしょう?法令科目244点の内訳はこのようになっています。

ざっと眺めて頂けばお分かりになると思いますが、行政法、民法の配点が多く、この2つが苦手で点数が取れないとなると、合格は厳しいというのがお分かりになると思います。

さらに、行政法、民法では行政書士試験でも大きなポイントになる記述式問題が出題されます。特に民法は記述式が2問ある上に、5肢選択式が少ないです。より記述式の攻略が合格のためのポイントになってくることがお分かりになると思います。

シマちゃん

行政書士試験は、民法と行政法が重要なのは、この事実を見て明らかです。逆に、商法・会社法、基礎法学は問題数・配点ともに低いですね。

当サイト人気の行政書士通信講座

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座が通勤講座の行政書士です。スマホで講座が受講できることを前提にしていますので、通勤時間にも受講できるということです。

通勤講座行政書士 詳細

おすすめの行政書士通信講座をランキング付けしてみた

おすすめ通信講座を比較

当サイトでおすすめしたい行政書士通信講座を5項目(講義・テキスト・カリキュラム・フォロー制度・価格)の観点から比較しランキング付けをしてみました。。これから通信講座をと考えている方の参考になると幸いです。