試験会場

このページは行政書士試験のデータです。試験日や受験資格要件、合格発表日といった、試験の知識の本当に外観部分です。「一般財団法人 行政書士試験研究センター」という公式の組織がありますので、そこからの抜粋データになります。

試験概要表

項目 ひとこと
受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく受験可
試験日 例年11月第2日曜日
合格発表 翌年1月末
受験場所 各都道府県
願書等 夏に配布
受験料 7,000円

試験のスケジュール

試験日と合格発表は以上のとおりですが、この前後のスケジュールをもっと詳しく説明しましょう。

まず受験案内ですが、毎年7月の下旬に公表されます。行政書士試験研究センターのHPに公表されますので、時期になったらアクセスしてみてください。

そこでその年の試験日程含め、受験案内の配布方法も発表されます。郵送か取りに行くか。県庁の担当部署で直接受け取れる場合が多いですが、詳しくは該当都道府県ごとお調べください。

  1. 7月下旬 受験案内配布・受験願書受付(同時期に開始されます)

  2. 10月 受験票交付

  3. 11月第2日曜日 試験日

  4. 翌1月 合格発表

試験当日

試験会場は全国各地です。平成30年度は以下の通りです。
試験会場一覧

試験時間は午後1時から4時までの3時間。この3時間で60問を解答します。解答は57問がマークシート方式、3問が記述式です。

合格発表まではちょっと期間が空きます。気が気でないでしょうが、解答速報は予備校各社が当日夜に出しますので、ある程度の合否は当日判明はします。

当サイト人気の行政書士通信講座

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座が通勤講座の行政書士です。スマホで講座が受講できることを前提にしていますので、通勤時間にも受講できるということです。

通勤講座行政書士 詳細

おすすめの行政書士通信講座をランキング付けしてみた

おすすめ通信講座を比較

当サイトでおすすめしたい行政書士通信講座を5項目(講義・テキスト・カリキュラム・フォロー制度・価格)の観点から比較しランキング付けをしてみました。。これから通信講座をと考えている方の参考になると幸いです。