行政書士試験の勉強をスタート

一発合格に必要な勉強期間を知りたい

行政書士の勉強、いつから始めればいいのでしょうか?
「思い立ったらその日でもその次の日でも始めればいいでしょ?」という話かもしれませんが、社会人の方とか、何かと普段は忙しい方が殆どでしょう。

当サイトは、「社会人が最速で行政書士に合格する」という命題を掲げていますので、なるべく最初の受験で合格したいというのはあります。一発合格するには、それ相応の勉強期間も大事ですので、試験日に合わせていく必要があります。

そういったことも含めまして、いつから勉強開始すればいいのか、ご説明していきたいと思います。あくまで私個人の意見ということでお願いします。

シマちゃん

あくまで一発合格を狙うための勉強期間です。実際どうなるかはわかりませんが、最初からそのための準備はするべきです

本試験当日から逆算

まず必要なのが、「本番」を見据えることです。本番とは、もちろん、行政書士試験当日のこと。

毎年11月の第2日曜日<ということになっていますので、変更がない限り、このまま続くのでしょう。そして、その時、本番当日までに、どのくらいの月日があるかを考えます。

行政書士初学者が一発合格を狙うには最低でも半年、できれば1年の期間は欲しいです。1年あれば、初学者でも一発合格を狙える準備ができるでしょう。

6か月の勉強で一発合格は厳しいか

その年度での一発合格を狙うにしても、ゴールデンウィーク前あたりがリミットですかね。ただ、正直、一発合格を半年で勝ち取るのは結構レアケースだと思います。そういう受験生もいますが、あまり参考にはなりません。可能かもしれませんが、ちょっと厳しいと思います。

シマちゃん

夏に勉強開始したら、その年度は不合格を覚悟して翌年の合格を目指すというイメージで良いと思います。

なぜ半年では厳しいのか?

本当に半年、例えば1日3時間程度休みなく効率よく勉強できれば大丈夫かもしれませんが、予定は予定であって、予定通りに事は進まないのが常です。大抵の人間がそうなのですから、仕方ありません。

それは予定自体に無理があるのか、サボりで予定が進捗できないか。いずれにしても予定は良くて7割消化できれば上出来です。これでは半年では準備不足です。だから、ある程度の未消化予定があることを見越して準備する必要があるのです。

多くの先輩受験生が再スタートを切る時期とは

合格率を見ても受験生の多くが不合格になります。1割程度しか合格できません。不合格の受験生の多くが再挑戦するわけですが、その再スタートを切るのはいつだと思いますか?

最も多いのは、合格発表から1か月程度の期間です。実際にデータを取ったわけではありませんがこのようなサイトを運営しているとわかってくることがあります。行政書士試験の合格発表から大体1か月、1月の末から3月の初旬ぐらいまで。この期間に再スタートを切る受験生が最も多いですね。

calender

もし、1年の準備期間が取れそうになければ、せめてこの時期から始めてはいかがでしょうか?本番まで9か月程度の期間があります。本来は1年程度ほしいですが、この時期ならまだ間に合うと思います。

一発合格するには通信講座受講で9か月必要

一発合格のために1年は勉強期間が欲しい、最低でも9か月というのはもちろん、通信講座受講での話です。独学では少なくとも倍はかかるでしょう。

もし独学で勉強しているけど何年も結果が出ないよという方、講座受講に切り替えて勉強してみてはいかがでしょうか?結果が出ない理由はすでにおわかりだと思います。合格に必要な実力が付いていないから結果が出ないのでしょうが、それは独学だから時間が掛かっているのです。

行政書士は、効率よく勉強できれば一発合格ができる試験です。効率の良い勉強は、独学ではかなり難しいと思います。

当サイト人気の行政書士通信講座

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座が通勤講座の行政書士です。スマホで講座が受講できることを前提にしていますので、通勤時間にも受講できるということです。

通勤講座行政書士 詳細

おすすめの行政書士通信講座をランキング付けしてみた

おすすめ通信講座を比較

当サイトでおすすめしたい行政書士通信講座を5項目(講義・テキスト・カリキュラム・フォロー制度・価格)の観点から比較しランキング付けをしてみました。。これから通信講座をと考えている方の参考になると幸いです。