覚えたところ忘れちゃったみたい

よく、勉強で覚えたことをすぐ忘れる、覚えられないよというお嘆きの方が多数いらっしゃいます。「そんな自分がイヤになる…」なんて声を聞きますが、結構切実な悩みですよね。

どう対処したらいいのでしょうか、なにか記憶が良くなるほうほうってあるのでしょうか。

人は覚えたことを忘れる生き物

約束忘れて謝っている男

忘れてしまうとお悩みの方に言いたいです。「人間の脳は忘れるようにできている」と。まあ、メカニズム的にはよくわかりませんが、人間とはそういうものです。あなただけではありません。もちろん私もそう。殆どの人はそんなものです。


なんか、やたら忘れない人っていますが、それは特殊技能です。常人でなはいのでしょう。そんな人を基準に考えてはいけません。殆どの人間は、覚えたものは、時間が経つと忘れるのです。

何か特別な記憶術を話すのかと思った方には申し訳ありませんが、「あまり気にするな」と言いたいです。

記憶を定着させるためにできること

忘れたらまた覚える

ですから、それを前提に考えれば、できることは多くありません。愚直にできることは、「繰り返し覚える努力をする」こと。これでいいのです。非効率かもしれませんが、これでいいと思います。

記憶して時間が経過すると忘れる。そして、記憶を喚起してあげると思い出して再構築しながらまた覚える。

で、また時間が経てば忘れ、喚起し思い出して再構築して覚える。また忘れると…

これの繰り返しです。

そして、いつの間にか、忘れるまでの期間が長くなり、同時に、忘れても思い出すまでの時間が短くなっています。ついでに、自分が覚え易いように、何度か再構築していますので、どこか一つ思い出すと、その周りにある10個も同時に思い出してきます。脳が学習しているということです。

そうなると、しまいには「忘れた」という感覚がなくなってきます。もちろん、長い間喚起する作業がなければ、また忘れますけどね。忘れることは当たり前。また思い出せば良い。

念のため

念のために言っておきますが、「記憶する」と「暗記に頼る勉強」は違いますよ?暗記だけで行政書士に合格するなんてまず無理だし(参照「暗記だけに頼った勉強法は×! 「理解する勉強」を心掛けよう」)、そんな非効率的な勉強はするべきではありません。

ただ、どうしても覚えるべきところは覚えなければなりませんし、理解するためにもある程度の記憶は必要なのです。

まとめ

いかがでしょうか。

記憶力を鍛えるために何か特別なトレーニングも結構だと思いますし、時間や余裕があればそれを実践するのもいいと思います。しかし、先ほども言った通り、ほとんどの人は忘れやすい生き物なのですし、そんな人でも十分行政書士に合格できます。

愚直に繰り返すこと、さっきは「非効率な方法」といいましたが、自分の中で記憶しやすいように再構築するなんて実は効率的ですよね?効率云々とは時短の話だけではなく、それぞれのメカニズムで記憶するという効率性もあるのです。

どうか、忘れることをおそれないでください。

おすすめの勉強アイテム

出る順行政書士 合格基本書

市販の行政書士用テキストの中でもっとも使いやすいのは、こちらLEC東京リーガルマインドが出版している「出る順」だと思います。オールインワンタイプですから、これ1冊で全科目賄うことが可能。
独学初心者の基本書として、おおむね過不足なしと考えていいと思います。同じ「出る順」の過去問集と併せて使いたいテキスト。

STUDYing(旧通勤講座) 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座がスタディング行政書士。一切のムダを排した合格のための効率化徹底による圧倒的低価格は魅力。

STUDYing行政書士 公式HPで詳細を見る