基礎は大事です!

行政書士の本試験過去問を調べていくとわかることがいくつかあるわけですが、大きな傾向を見出すことができます。

また。合格者の体験記や各行政書士講座の内容を調べていくと、行政書士に合格するために絶対に押さえておかなければならないことが見えてくるのです。各社講座は、ほぼ一律的に同じような基本方針をもとに学習カリキュラムを組んでいるようです。もちろんそれは合格のため。

そんな行政書士の「大きな傾向」とはなんでしょうか。

行政書士は基礎的知識で合格可能

合格を喜ぶ受験生

行政書士の大きな傾向とは、「基礎知識問題の多さ」ではないでしょうか。つまり、基礎的な知識があれば正解にたどり着ける問題が多いということです。毎年正確に調査したわけではありませんが、およそ7割8割程度は基礎的な知識問題だと認識しています。


例えば、平成29年度の本試験問題。民法の記述式問題などは、第45問が債権譲渡禁止特約の条文(466条2項)とその論点、第46問が不法行為の損害賠償権の起算点及びその期間(724条)などは、条文の知識ですし、それ+αの問題といえるでしょう。これらは債権譲渡や不法行為、それぞれの単元では基礎的、重要箇所です。必ず勉強しておかなければならない部分です。

このように、行政書士は基礎的知識をしっかり身に付けておけば合格できる試験なのですね。

各社講座もその傾向を踏まえて徹底しているのは、広く勉強するのではなく「基礎知識をしっかり定着させる」ことです。

基礎的知識=簡単な問題?

どうなの?

基礎的知識問題といっても、必ずしも簡単に正解できる問題とは限りません。あくまで「基礎的知識で正解にたどり着ける」ということであって、その道程はまっすぐであるとは限らないのです。

論点をちょっとずらしていたり、見方が変わって出題されるという、ちょっとしたひねりや応用が入っていますので、簡単には解答できないのですね。事例問題で出題するということも変化を付けてきていと言えますね。現場対応力的なものも問われるわけです。

過去問や問題演習で知識をブラッシュアップ

では、試験に対応できる基礎的知識はどうやって身に付ければいいのでしょうか。講座で勉強していればカリキュラムに乗っかっていればいいわけですが、独学の方はそうもいきませんよね。

テキスト等のインプットはほどほどでいいと思います。ようは基礎的知識をどう使いこなせるかですから、テキストインプットを過去問で本試験レベルにブラッシュアップし、さらに問題演習で色を付けていく

基礎知識を過去問や問題演習で肉付けしていくイメージですね。

基礎知識を肉付けするイメージズ

ですから、冊子の過去問集は特にですが、どこかのオリジナル問題を収録した問題集はぜひ欲しいですよね。

こちらは過去問の他にオリジナル問題も収録されています。

まとめ

このように、基礎的知識をしっかり身に付ければ行政書士は合格できます。基礎的でない知識を身に付けてもそこが試験に出る確率はかなり低くなりますし、効率が悪いです。

まずは試験に頻出するような箇所を入念に勉強しましょうね。それが行政書士に合格できる勉強法です。

おすすめの勉強アイテム

出る順行政書士 合格基本書

市販の行政書士用テキストの中でもっとも使いやすいのは、こちらLEC東京リーガルマインドが出版している「出る順」だと思います。オールインワンタイプですから、これ1冊で全科目賄うことが可能。
独学初心者の基本書として、おおむね過不足なしと考えていいと思います。同じ「出る順」の過去問集と併せて使いたいテキスト。

STUDYing(旧通勤講座) 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座がスタディング行政書士。一切のムダを排した合格のための効率化徹底による圧倒的低価格は魅力。

STUDYing行政書士 公式HPで詳細を見る