基礎は大事です!

シマちゃん

行政書士の短期合格のためにどういった勉強を進めればいいのでしょうか。通信講座はこの基本方針で学習カリキュラムを組んでいます。

通信講座の基本方針とは

以前、「通信講座を取れば絶対に合格できますか?」と質問されたことがあります。絶対に合格なんて、もちろんそんな保障はありませんから、「絶対はないですが、勉強手段としては有効なものだと考えます」と解答したわけです。

そんな通信講座ですが、ほぼ一律的に同じような基本方針をもとに学習カリキュラムを組んでいるようです。もちろん、それは短期合格のためです。

その基本方針とはどんなものなのでしょうか?

行政書士は基礎的知識で合格可能

それは「基礎知識をしっかり定着させる」ことです。

行政書士試験が他の法律資格試験と比べて簡単と言われる所以のひとつが、「基礎知識問題の多さ」ではないでしょうか。つまり、基礎的な知識があれば正解にたどり着ける問題が多いということです。

毎年正確に調査したわけではありませんが、およそ7割8割程度は基礎的な知識問題だと認識しています。今、平成29年度の本試験問題を眺めながら書いていますが、そんなイメージですね。

29年度の民法の記述式問題などは、第45問が債権譲渡禁止特約の条文(466条2項)とその論点、第46問が不法行為の損害賠償権の起算点及びその期間(724条)などは、条文の知識ですし、それ+αの問題といえるでしょう。

基礎的知識=簡単な問題?

基礎的知識問題といっても、必ずしも簡単に正解できる問題とは限りません。あくまで「基礎的知識で正解にたどり着ける」であって、その道程はまっすぐであるとは限らないのです。

論点をちょっとずらしていたり、見方が変わって出題されるという、ちょっとしたひねりや応用が入っていますので、簡単には解答できないのですね。事例問題で出題するということも変化を付けてきていと言えますね。現場対応力的なものも問われあすので。

ただ知識的には基礎的なものと言えます。

基礎知識が身に付く勉強をしよう

行政書士試験は、基礎知識をしっかり身に付けてアウトプットで準備しておけば、十分合格できる試験です。ですので、まずはしっかり基礎知識を身に付けることが、効率的な勉強として大事になってきます。ここさえ十分な準備をすれば合格できますといえるでしょう。

冒頭でも言っている通り、通信講座はどこも短期合格という目的にために学習カリキュラムが組まれているので、合格に不必要な学習はしません。その方が効率的ですから。

独学では、どうしても無駄なことをしてしまったり、逆に必須なところを省いてしまったり非効率的な勉強になってしまいます。結果、殆どの方が合格するにしても時間が掛かってしまったり、合格する前に諦めてしまうというということになってしまうのですね。

あなたが本気で行政書士に最速合格したいのなら、基礎的知識をしっかり身に付けることを心がけてください。

当サイト人気の行政書士通信講座

TAC 行政書士講座

TAC行政書士講座合格祝賀会

法律資格専門のTAC。法律資格予備校として抜群の知名度・実績を誇り、行政書士もその例に洩れません。大手予備校ならではの豊富なニーズに応える講座の種類ときめ細かなカリキュラム、人気講師を揃えた行政書士講座。

TAC行政書士 詳細

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座が通勤講座の行政書士です。スマホで講座が受講できることを前提にしていますので、通勤時間にも受講できるということです。

通勤講座行政書士 詳細