こいつは絶対緊張してないな

シマちゃん

実は、行政書士試験の勉強を独学でされている方の中で、意外に多くの方が勉強法について間違った認識をしているように感じています。その勉強法では何年かかっても合格はできないと思います。

「その勉強法では合格は無理だと思います」

「あなたはどんな勉強法で行政書士試験合格を目指していますか?」


突然で申し訳ございません。普段はどういう勉強で合格を目指していますか、ということをお聞きしたいだけでした。

試験の勉強と言えば、まずは「テキストの読み込み」だと思う方も多いでしょう。行政書士試験のような資格試験ともなれば、あとは過去問ですかね。勉強法というと、これで合格できるだろうと考えている方も少なくないんじゃないでしょうか。


こう考えている方にひとこと申し上げておきます。

「申し訳ありませんが、あなたの勉強法は間違っています。それではいつまで経っても合格は無理だと思います」と。

謝罪します

残念ながら、テキストと過去問だけでは何年かかっても合格できないと思います。その勉強法は間違っていると言わざるを得ません。

テキストと過去問だけの勉強、どこか間違っているのでしょうか?

勉強の段階をおさらい

行政書士試験本試験に臨むための準備を「勉強」とするならば、勉強には2つの局面・段階があります。それは、「インプット」と「アウトプット」です。意味は、別に説明せずともお分かりだと思いますが、「取り入れ」て「吐き出す」こと。

インプットはもちろん大事

「知識の取得」はテキストの段階です。試験合格に必要な知識の取得ですから、むろん大事。ここを疎かにしてはいけません。

インプット(テキスト)にいそしむ受験生

アウトプットの重要性

アウトプットは吐き出す作業です。具体的には、「問題を解いていく」という作業になります。違う言い方をすれば、「現場対応力を身に付ける」ということです。

できるだけ多くの問題に触れ解いていき、出題形式に慣れ、自信を掴んでいく作業です。別の言い方をすれば、知識を知恵に変換する作業がアウトプットです。

試験勉強では、インプットが大事なのはもちろんですが、それと同等、場合によってはより大事になってくるのがアウトプットといえます。

過去問はアウトプットにあらず

もうお分かりだと思いますが、アウトプットもしないと合格できないよということなのです。ちゃんとアウトプットもインプット同様に力を入れていかないと。

過去問をアウトプットだと勘違いしている方が多いというのは事実でしょう。しかし、過去問が問題演習になるのは最初だけ。インプットと捉えて勉強する方がはるかに効率的ですし、最速合格のためにはインプットの応用編として利用すべきです。(参照:「あなたの過去問の使い方間違っていませんか?」)。

知識だけでは行政書士試験には合格できない

断言して良いですが、行政書士試験に合格できる知識が備わっている人でも、アウトプットの訓練をまったくしていない人は、合格できません。インプットだけでは対応できないです。

本試験は、問われた問題を問われた形式で解答する。択一式、多肢選択式、記述式と解答スタイルがあります。限られた時間の中で、時間との闘いの中で、問題分を読み解く力も試されます。

本試験を想定したアウトプット訓練をしなければ、そりゃあ力は発揮できませんよ。

答練を受けている受験生

アウトプットを軽視している方、選抜試験というものをあまりなめない方が良いと思います。選抜試験というものの本質は、点数を取らせる試験ではなく、多くの者を切り捨てる試験です。

上位10%弱の少数派になりたいのであれば、それ相応の知恵を身に付けなければなりません。その知恵を身に付ける作業がアウトプットです。

未知の問題にたくさん触れることが合格への近道

とにかく、たくさんの未知の問題を解いていってください。「未知」ということが大事になります。でないとアウトプットの意味がありませんから。

市販の予想問題集的なものを探してきてやってみるのが良いと思います。

アウトプット問題集

たくさんの問題を解いておくということは、それだけ問題に慣れるということもありますし、それは、本番の負担を軽減することにもあります。

本番は、ある程度の緊張は止むを得ませんが、普段の精神状態でないということは、いつもの力を出せない可能性が高まります。その本番の精神状態を、少しでも普段の場合に保つ作業でもあるのです、アウトプットは。

当サイト人気の行政書士通信講座

通勤講座 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座が通勤講座の行政書士です。スマホで講座が受講できることを前提にしていますので、通勤時間にも受講できるということです。

通勤講座行政書士 詳細

おすすめの行政書士通信講座をランキング付けしてみた

おすすめ通信講座を比較

当サイトでおすすめしたい行政書士通信講座を5項目(講義・テキスト・カリキュラム・フォロー制度・価格)の観点から比較しランキング付けをしてみました。。これから通信講座をと考えている方の参考になると幸いです。