行政書士は「過去問主義」とか言われています。それは、行政書士は過去問が重視される、過去問さえ完璧にしておけば合格できるという意味です。

私はそれは正しいと思っていて、過去問は行政書士合格においては非常に需要なツールであることは確かです。ただし、それは正しい勉強法を実践してこそであって。

独学の受験生の方は、申し訳ないけど過去問の勉強方法は間違っていると思います。だから、正しい過去問の勉強法、お教えしますので参考にしてください。

過去問の正しい利用方法教えます

過去問はインプットなのかアウトプットなのか

過去問の正しい勉強法は、一定の時期までは

  1. 試験問題に慣れると同時に難易度や出題傾向を測るツール
  2. 自分の得手不得手が知れるツール
  3. テキスト等で取得した知識を本試験レベルまでに補い変換するツール

として利用すべきです。

過去問とは、過去の本試験に実際に出題された問題です。そして、皆さんはその試験に合格するべく勉強している。つまり、過去問は皆さんが勉強している目的そのものなのです。

ほとんど方が過去問は単なる知識定着の確認ツール程度にしか思っていないと思います。解いてみて「あってた!」「違ってた…」と一喜一憂して終わってしまっていると思いますが、こんなに身近に相手を知るツールがあるのですから、もっともっと有効に利用すべきです。

それぞれ解説していきます。

過去問に慣れることで見えてくるもの

過去問で見える

過去問に接することによって、本試験の問題に慣れることができます。おそらくですが、初心者が勉強を始めて初めて過去問を解く時、それなりに勉強したはずなのにほとんど解けないこと痛感すると思います。インプットだけでは合格は無理なことを思い知るのではないでしょうか。

もっとも、問題には徐々に慣れていき、当初ほどの異質感は払しょくされると思います。

同時に本試験のレベルや難易度、出題傾向など、「ああ、こんな問題が出題されるのね」と知ることができます。行政書士の難易度の話はよく出てきますが、その人にとってのリアルな難易度が過去問で測れます。

特に不得意分野を知ることは大事

過去問で苦手分野が顕在化

勉強がある程度進んで復習&過去問をこなしていくと、自分の不得意分野が顕在化してきます。それは科目であったり単元だった李出題形式であったり。

不得意な箇所が明確に出てくればそれ相応の対策を立てることができます。。

過去問はインプットの応用として活用

多くの受験生は、過去問は答案練習としてしか考えていないと言いましたが、インプットの一環として活用すべきです。

テキストでの知識取得が基礎編とすれば、過去問は応用編というか実践編というか。より試験に近い形で知識をアップデートしていくのです。

テキストで得た知識は、合格ラインちょっと足りない線だと思ってください。その線を過去問で合格ライン上に持ってきてあげるイメージです。

だから、過去問をしっかりつぶしておけば、知識的には合格できるレベルにあるといえます。

過去問でインプットを補うというイメージ図

具体的な行政書士過去問勉強法

過去問もテキストもインプットツールですので、情報を一元化すると効率的です。これは非常に効率的な教材利用方法ですのでよろしければ参考にしてください。

下の画像をご覧ください。「出る順合格基本書行政書士」の数年前のものです。

pic-37-1

薄くてわかりづらいと思いますが、赤鉛筆でアンダーラインが引かれている箇所がいくつか確認できると思います。これ、過去問出題箇所です。右上の方に自筆の補足事項がありますが、ここも過去に出題されているところです。ここには書いていませんが、複数回出題されているところは、その旨も書いておくと情報が一元化できますよね。

こうしておくと、テキストを見れば、度の箇所が過去問で出題されたか、何度出題されたかがわかり、重要度も計れます。

インプットのイメージ

過去問はどの段階で解けばいい?

このように、過去問はあくまでインプットの一環ですので、割と早い段階で解いていくことをおすすめします。いち単元終わったら早速該当の過去問を解いてみるといいでしょう。

例えば、民法で代理のところのインプットが済んだとします。一通りの復習も終わってこの後には代理のところの過去問を解いてみてください。本試験レベルの難易度や出題傾向がわかり、合格に必要な知識も得られるわけです。これを各単元、各科目で続けていき、さらに何度も繰り返していくのです。何周かすれば、あなたには行政書士試験の合格に必要な知識が身についていることでしょう。

過去問はどのくらいつぶせば?

このように、過去問はインプットの応用として利用するので、できるだけたくさんほしいです、もちろん、解説付きで。

過去問はネット上でもアップされていますのでそれを利用することも可能ですが、やはり教材としての使い勝手に関してはだダメですよね。当サイトではテキストは「出る順」を推奨していますので、過去問もそれでいいかなと思います。なんでもいいですけど。

最低限、過去問集収録問題はすべてつぶしましょう。理想は、新制度に移行した初年度の2006年度以降すべて、冊子問題種ではなくてもチェックだけはしておきたいです。

まとめ

独学受験生の中には「過去問ってそんな風に使うんだ」と思ってくれた方もいらっしゃるかもしれません。せっかくの行政書士を知る最良のツールなのですから、有効に使いたいものですよね。

とにかく、過去問はインプットの一環として利用しましょう。それが過去問の正しい勉強法です。

おすすめの勉強アイテム

出る順行政書士 合格基本書

市販の行政書士用テキストの中でもっとも使いやすいのは、こちらLEC東京リーガルマインドが出版している「出る順」だと思います。オールインワンタイプですから、これ1冊で全科目賄うことが可能。
独学初心者の基本書として、おおむね過不足なしと考えていいと思います。同じ「出る順」の過去問集と併せて使いたいテキスト。

STUDYing(旧通勤講座) 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座がスタディング行政書士。一切のムダを排した合格のための効率化徹底による圧倒的低価格は魅力。

STUDYing行政書士 公式HPで詳細を見る