世の中規制だらけ

行政書士、に限りませんが憲法の勉強法は判例と条文の攻略がカギになります。条文は当たり前なのですが、問題は判例です。

判例って、最初の方は読むのも大変ですよね。難しい表現を使うし。だから、内容がよくわからない場合もあるし、読むのすら億劫になってくるでしょう。

まあ、これは慣れなんでね、時期に大丈夫になると思いますが、憲法の判例を読み込む際に意識したいことをお話しておきます。

法律とは人権を侵害する規範でもある

憲法の場合、法律というものを、人権を保障するものと同時に、人権を侵害するものという視点を持って勉強してくと良いと考えるのです。

なぜかは、これからご説明していきます。

「公共の福祉」は人権衝突の際の調整弁である

「公共の福祉」、その意味は、公共でも福祉でもなんでもなく、要は法律(条例等も含む)なんですね。「公共の福祉」、すなわち、法律とは、人権が衝突するときの調整弁ですから、その調整をどこに設置するかで、法律は違憲にも合憲にもなるわけです。

法律を右側に寄せていけば合憲が出やすい左側にずらせば違憲が出やすい、その逆も然り、というふうにです。

法律の本質とは

法律の本質論になりますが、法律というものを憲法的視点で見てみると、人権を保障するのと同時に、人権を侵害するものでもあるわけです。

お分かりでしょうか、この意味。

法律の本質論イメージイラスト

「公共の福祉」の憲法裁判は、この法律は妥協のバランスを失していないか、片方に寄り過ぎていないかと審査するものといえます。

「薬局距離制限事件」を例に

例えば、です。「公共の福祉」の問題で有名かつ重要な判例に、「薬局距離制限事件 (昭和50年4月30日最高裁判決)」というものがあります。「薬事法距離制限事件」ともいいます。憲法ではベスト10に入るほどの重要判例です。

詳しくは各々調べていただきたいのですが、薬局って開設に際して許可制が採られていて、開設距離制限があるわけです。すでに営業している薬局から一定の距離がないと、新しい薬局開設の許可は下りない。

それを規定していた(旧)薬事法6条2項が、憲法第22条1項の職業選択の自由に抵触するんじゃないか?として争われた裁判です。


この規定は、もちろん、適当に、いい加減に作られた法律ではありません。薬局開設に距離制限を設けることによって、国民の生命及び健康を害する危険を防ぐという目的が達成されと考えられて制定されたのです。。

でも、この法律、薬局を開設したい人にとっては、営業の自由(職業選択の自由)という人権を侵害するものです。

わかりますよね?ここに良い貸店舗がある。ここに良い土地があるってなっても、薬事法に抵触すれば、薬局営業の許可は行政から下りません。

他方、一般市民からすれば、この薬事法の規定は人権保障の規定です。国民の生命及び健康を害する危険を防ぐという目的で制定されたものなのですから。

法律によるその規制は合理的なものか

法律w憲法的視点で見るということ

問題にしているのは、その侵害具合と言いますか、その規制(薬事法6条2項)は合理的なものなのか?そして、許される範囲のものなのか?ということです。

いかがでしょう?行政書士試験って、法律を扱う試験ですが、法律をこういう視点で見ることが憲法には必要なのかなと思います。



ちなみに、この裁判は違憲と判断されました。不当に22条1項を侵害しているとされたのですね。数少ない法令違憲が出た裁判の一つです。

この判例は非常に重要ですので、皆さん個々に確認しておいてくださいね。

判例を読み込む際のもう一つのポイント

もう一つ、判例は、どんな事案でどんなことが争点になって、どんな規範が立てられて、で、結果どうなったか、までしっかり把握しておく必要があります。

「○○で~××なので、△△は許される」なんて感じでさりげなく判旨をついて書かれた肢を入れてきますから。もちろん、裁判名も出さずにです。

詳しくは「私人間効力」のところを参照してください。

まとめ

具体的な勉強法というか、憲法判例を勉強する際の視点の持っいき方をお話させていただきました。

「法律とは人権を侵害するものであり侵害したりするものでもある」この視点をぜひ忘れないで憲法判例の勉強を試みてくださいね。

おすすめの勉強アイテム

出る順行政書士 合格基本書

市販の行政書士用テキストの中でもっとも使いやすいのは、こちらLEC東京リーガルマインドが出版している「出る順」だと思います。オールインワンタイプですから、これ1冊で全科目賄うことが可能。
独学初心者の基本書として、おおむね過不足なしと考えていいと思います。同じ「出る順」の過去問集と併せて使いたいテキスト。

STUDYing(旧通勤講座) 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座がスタディング行政書士。一切のムダを排した合格のための効率化徹底による圧倒的低価格は魅力。

STUDYing行政書士 公式HPで詳細を見る