公務員の不法行為が国家賠償の対象

シマちゃん

国賠法は点数重ねられるところだと思います。範囲が狭いから、ポイント押さえれば大丈夫!

行政書士試験における国家賠償法(通称国賠法)は、
例年短答式で2問出題されます。大体、第20問目付近で2問。

国賠法はなぜ稼げるのか?

たったの2問だけかもしれませんが、
是非、2問とも正解できるように

チョロいからとは言いません。準備が比較的しやすいからです。

範囲が狭いこと、例年似たような問題が出ていることから、
点数稼ぐところだと思って取り組んでください。

範囲が狭い

国家賠償法って憲法17条を受けて制定されている法律ですが、
6条までしかありません。

出題されるのは、1条~4条ぐらいまでです。

そして、「損失補償」というカテゴリーもここ国賠法に
含まれていますが、2~3年に1問程度出題されます。

このように、行政書士試験における国家賠償法の範囲は、
非常に狭いことがわかります。

毎年似たような問題が出題されている

範囲が狭いだけでなく、的も絞りやすいのが
行政書士試験における国家賠償法の特徴です。

下の表は、平成29年度から過去5年間の、
国家賠償法(損失補償)の問題です。

年度 短答式 多肢選択式・
記述式
平成25年 1条2条4条・判例問題
1条・判例問題
平成26年 1条2条・判例問題
損失補償・判例問題
平成27年 1条・判例問題
2条・判例問題
平成28年 1条・判例問題
損失補償・判例問題
平成29年 1条・判例問題
1条4条・判例問題
多肢選択式問題:1条・判例問題
ご覧のように、1条の判例問題が11問中、8問です。
4条というのは、民法との関係を扱った規定ですので、
殆ど1条の延長と言えるでしょう。

行政書士試験における国家賠償法(損失補償)問題は、
判例問題しか出題されていないのですね。

範囲が狭く、なおかつ判例問題のみ。
準備はしやすいとは思いませんか?

ちなみに、ここでは5年しか遡っていませんが、
10年ぐらい遡っても同じようなものです。

受験生エイコ受験生エイコ

ホントね。ここまで徹底しているの見事という他ないわね。確かに、的は絞りやすいかも。

では、国賠法の対策は?

もう言うまでもないでしょうが(笑)、
判例をたくさんつぶしておくと良いですよね。

1条は、文言の中からいくつも論点が出てきて、そこを裁判で争われており、
その判決が問題として出題されているわけです。

ホント、たくさんの判例があるので、
どの文言にどんな判例があるのかも含めて整理
しつつ準備しておくと良いでしょう。

判例については、テキストにも載っていますが、
判旨の重要部分抜粋になります。

例えば、29年度の多肢選択問題は、ある程度判旨がしっかり
載っていないと、解答までに時間が掛かると思います。

ので、できれば、行政法の「判例百選」等も揃えて用意しておくと
良いかもしれませんね。

当サイト人気の行政書士通信講座