民法は?

さて、民法の勉強法ですが、具体的にはどう進めていくといいのでしょうか?散々難しいだの複雑だの煽ったので心配される方も多いかもしれませんね。

ただ、難しい科目だからこそ、大事なものがあるのだと思います。それに、行政書士試験の性質を鑑みれば、民法の勉強で大事にしたいものがあります。

それってなんなのでしょうか。

民法はとにかく基本を押さえよう

民法は、あまり余計なことを考えずにシンプルに勉強を進めていくといいと思います。シンプルに基本をしっかり身に付けていくことを心がけるといいでしょう。

その基本とは何か?
行政書士試験の民法の対策は、「意義・要件・効果」です。これがすべて。例えば、司法書士試験などは、これだけではダメです。もっともっと細かい論点を拾っていく必要があります。むしろ、そっちの方が時間が掛かるでしょう。

民法は「意義・要件・効果」出決まり!

でも、行政書士試験の民法は、この「意義・要件・効果」の問題で足りるといって過言ではありません。

もちろんね、民法はそういう科目なのですが、行政書士試験は、本当にそういう傾向が強いと感じています。民法って、範囲が広く複雑なのですが、実はシンプルだったりするのですね。

複雑だというのは、この「意義・要件・効果」とは別のところで、条文が絡み合ってくるとか、視点が変われば結論も違うとか、そういった部分であって、コアな部分は至ってシンプルです。

「意義・要件・効果」で、それぞれ論点が(場合によっては複数)あるのですが、初めのうちは、重要な論点だけ押さえておいて、その後に必要に応じて他の論点を肉付けしていくと良いと思います。

記述式問題は、まさにシンプルな「意義・要件・効果」の問題

民法の記述式問題、このサイトでは、民法は記述式で点数取れるように勉強を進めるべき、それで択一式も賄えると述べていますが、その民法の記述式問題は、まさに「意義・要件・効果」の問題です、それも、結構シンプルです。奇てらっていないし、論点的にも重要なところです。

「意義」を書かせる問題も過去には出ていますが、基本的には「意義・要件」が問題文にちりばめられていて、「効果」を答える問題です。

当サイトで解説している平成26年度本試験の45問目ですが、直球ど真ん中の「意義・要件・効果」の問題ですね。問題文はこちらになりますが、詐害行為取消権(民法424条)の問題です。

問題には、もちろん、詐害行為取消権なんて一言も書いてありません。が、

  • 詐害行為取消権とは?(意義)
  • 詐害行為取消権が成立するには?(要件)

この2点理解していれば、問題文を読めば、民法424条の問題だなとすぐにわかるはず。ここまでくれば、「効果」もセットですので、理解していることでしょう。

だとすれば、あとは40字程度で吐き出すだけですよね?

問題を解くには、慣れとか少しのテクニックとかの問題も絡んできますが、それも「意義・要件・効果」という知識があることが前提の話です。民法のインプットは、そういうスタンスで臨まれるべきです。

参考にしたいサイト・ページ
民法96条3項の解説「善意の第三者に対抗できない」とはどういう意味?

おすすめの勉強アイテム

出る順行政書士 合格基本書

市販の行政書士用テキストの中でもっとも使いやすいのは、こちらLEC東京リーガルマインドが出版している「出る順」だと思います。オールインワンタイプですから、これ1冊で全科目賄うことが可能。
独学初心者の基本書として、おおむね過不足なしと考えていいと思います。同じ「出る順」の過去問集と併せて使いたいテキスト。

STUDYing(旧通勤講座) 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座がスタディング行政書士。一切のムダを排した合格のための効率化徹底による圧倒的低価格は魅力。

STUDYing行政書士 公式HPで詳細を見る