民法を勉強する女性

行政書士試験において、民法は最重要科目の一つになります。

行政書士に限らず、法律系資格試験の共通認識で「民法を制す者は○○を制す」という格言があります。民法が得意で点数が稼げる受験生は、どのカテゴリーの試験でも大きなアドバンテージがあるということ。逆に苦手な人は、ちょっと合格は厳しくなってきます。

行政書士民法の勉強法について具体的にお話する前に、勉強をしていく上でのコツをお話しましょう。

民法は時間をかけて取り組む

努力は裏切らない

民法は時間をかけてじっくり取り組むように計画を立てましょう。なぜそんな必要があるのでしょうか。

民法は難易度が高い科目ゆえ

民法の勉強をこれまで一切したことない初心者にお話しておきましょう。ビビらせる意図は全くありませんし、事実なのでそのつもりでご覧ください。

民法は、1044条まであり、一つの事例で各条文が入り乱れることも珍しくありません。また、見方・立場によって結論が違ったり、平気で原則を崩す論理構成が行われます。ハッキリ言って難しい科目です。行政書士の民法が難しいというよりも民法という科目自体が難しいのです。

そんな科目を得意になれというわけですから「どんだけSなんだよ」と思われるかもしれませんが、じっくりコツコツ積み重ねていけば絶対モノにできます。ですから、時間をかけて何度も何度も回して自分のものにしてください。

民法の取得には時間が掛かるのです。そういうものだと腹くくれば、地道に重ねていくことができると思います。独学で勉強する方は民法は最初に取り掛かる科目でもいいと思います(参照:「どの科目から勉強すれば合格に近づく?」)。

雪だるまのように積み重ねる

民法は雪だるまのように・・・

どうやって勉強を進めていけば良いのか?

雪だるまの作り方を思い出してみてください。雪だるまってはじめは小さな球でも転がして行って徐々に雪を重ねていきませんか?そしていずれ大きくなってくる。

テキストで単元のコアな部分をまずは取得してどんどん進める。2週目はその知識を雪の上を転がすように積み重ねて先に進める。過去問でさらに広げる。雪だるまを作る時のように、徐々に深さと知識の範囲を広げていくのです。

民法を勉強していくときのイメージ

時間はかかるかもしれませんが、基本からしっかり積み重ねているので土台は結構強固になると思います。ここをしっかり押さえれば、行政書士の民法は半分は攻略できたようなものです。

記述式問題を想定した勉強を

要点

行政書士民法が最重要科目と言われる所以は、民法自体の重要性とは別に記述式問題が2問も設定されているからです。この記述式問題は行政書士の試験としての大きな特徴と言えます。問題を40字程度で解答するというのはユニークですし、行政書士を難関試験足らしめている問題といえるでしょう。

行政書士民法はこの記述式問題2問(20点×2)と5肢選択式問題9問(4点×9)と異なる出題形式の問題が用意されています。

記述式も5肢選択式も問われていることは同じ

2タイプの異なる出題形式があるのですが、民法の場合は端から記述式対策を意識した勉強法が効率的だと思われます。

民法の記述式問題は、まれに変なのも出題されますが、民法の中でも重要論点が出題されています。こういった重要論点は、当然に5肢選択式でも出題されます。問われているようなことも似たようなもので、行政書士民法の記述式と5肢選択式は解答方式が異なるだけで知識の取得は特に変える必要はありません。

となれば、民法の勉強法は端から記述式を想定した勉強の方が効率的と言えます。もちろんそれぞれ問題固有のアウトプットは必要ですけど。

そして記述式に対応した勉強法は「意義・要件・効果」の勉強です。
民法の勉強は「意義・要件・効果」を確実に押えること

まとめ

とにかく民法という科目の重要性と高難易度を鑑み、コツコツ地道に勉強していってほしいです。しつこいようですが、民法で高得点取れるようになればもうこっちのものです。成績が上がらない受験生はこの民法が足かせになっている場合が多いのですから。

個人的には難しいですけどもっとも面白い科目だと思っています。あなたも民法を得意になって好きになってくれたらうれしいです。

おすすめの勉強アイテム

出る順行政書士 合格基本書

市販の行政書士用テキストの中でもっとも使いやすいのは、こちらLEC東京リーガルマインドが出版している「出る順」だと思います。オールインワンタイプですから、これ1冊で全科目賄うことが可能。
独学初心者の基本書として、おおむね過不足なしと考えていいと思います。同じ「出る順」の過去問集と併せて使いたいテキスト。

STUDYing(旧通勤講座) 行政書士

通勤講座 行政書士

社会人行政書士試験受験生にうってつけの通信講座がスタディング行政書士。一切のムダを排した合格のための効率化徹底による圧倒的低価格は魅力。

STUDYing行政書士 公式HPで詳細を見る